プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘うリハビリⅡ(番宣です)

闘うリハビリⅡ

2009年2月8日(日) 午後9時00分~9時59分
総合テレビ
・・・・・・・・・・・HPから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リハビリ(=全人間的復権)に取り組む人々は全国に200万人。2008年2月に放送したNHKスペシャル「闘うリハビリ」では、私たちの脳に秘められた限りない再生力を解き明かし、超早期リハビリという医療の常識をくつがえすリハビリの可能性を伝え、番組には多数の手紙やメールが寄せられた。
人々の声から浮かびあがってきたのは、彼らが直面している現実の厳しさ。『もうこれ以上やってもよくなりませんよ、とリハビリを打ち切られ、絶望している』『いったんリハビリを中断したら体の状態が極端に悪化してしまった』。障害の部位・程度によって個別差があるにもかかわらず、制度では180日を境に医療保険でのリハビリは打ち切られるのが原則だ。現在起きている問題は、医療保険から介護保険のリハビリにシフトする際に“断絶”が起こり、多くの患者が継続的な機能の回復を達成出来ず、逆に機能を悪化させてしまっていること。
番組では、2008年春、脳出血に倒れて以降リハビリを続ける藤田太寅キャスター(元NHK解説委員)が現場へと出向き、回復の途上に立ちふさがる「壁」とは何か、それを乗り越えるにはどうすればいいのか、何が必要なのか、当事者の目線に立って伝えていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上HP・・・・・・・・・・

 平成18年4月に医療の中でのリハビリに日数制限がもうけられ
その後のリハビリの準備もなされていなかったために大きな混乱が起きました。
このブログでも紹介しましたが、当事者団体等を中心に署名活動を展開したりも
しました。 その後、小さな改訂重ねながらもうすぐ3年目を迎えます。

日数を超えても 障害と向き合っている人たちが
大勢いる。それを支えている人も多くいる。

私は、闘いという 言葉は 好きではありません。
誰が味方か、敵なのか よくわからないから、、
でも無関心だけはよそう と思う。

そう今年は 向き合う年ときめている。
この問題からも 目をそむけないようにしたい。

                           
スポンサーサイト

リハビリ制限に関する社説

■着地点がまだまだ見えません。。


熊本日日新聞 2007年3月16日 
社説 リハビリ制限緩和 患者支援の原点忘れずに
kumanichi.com/iken/index.cfm?id=20070316

信濃毎日新聞 2007年3月18日 
社説 リハビリ 制限の見直しは当然だ
http://www.shinmai.co.jp/news/20070318/KT070316ETI090004000022.htm

神戸新聞2007年3月19日 
社説 リハビリ制限/患者の叫びが国に届いた
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0000274659.shtml

京都新聞2007年3月19日 
社説 リハビリ制限 緩和もまだ安心できぬ
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20070319.html

西日本新聞 2007年3月22日 
社説 医療と介護の連携を密に リハビリ制限
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20070322/20070322_002.shtml


和解と一致

この問題、たくさんの人が傷ついています。和解と一致により、この国のリハビリテーションが前進するように、小さい祈りを捧げています。



『症状改善なくても保険適用  リハビリ制限を緩和、4月にも』

 公的医療保険で受けられるリハビリ治療に最高180日の日数制限が導入された問題で、厚生労働省は12日、筋委縮性側索硬化症(ALS)のような神経難病などは症状の改善が見込まれなくても、継続して保険治療を認めるなど、制限を緩和する方針を固めた。これまでは改善が見込まれないと治療を続けられなかったが、患者団体などからの「患者切り捨て」といった批判を受け、方針を転換した。

 また、現在は上限日数を過ぎると介護保険でリハビリを受けることになるが、40歳未満は介護保険が使えないことから、医療保険を継続利用できるようにする。このほか一定の基準で医師の裁量権拡大を検討。早ければ4月から改正する。リハビリに関する同省の調査で、心筋こうそくなどの心疾患や関節炎などの患者の1割近くが「改善の見込みがある」との医師の判断にもかかわらず打ち切られていた
こが判明。早急に救済する必要があると判断した。
(共同通信)

『厚労省 リハビリ制限見直しへ』
病気やけがのあとに受けるリハビリを公的な医療保険で受けられる治療日数が、原則として最大180日までとなっていることについて、厚生労働省は、病気によっては改善の見込みがあるのに、打ち切られているケースがあるとして、制度の見直しに向け、検討を急ぐことになりました。

http://www3.nhk.or.jp/knews/news/2007/03/12/t20070312000130.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2007031200829
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007031201000603.html



リハビリ制限について

リハビリ制限の件が、また話題になりつつある。国会でも
福島みずほ氏が取り上げてくれたらしい。
KHKや民放でもリハビリ切捨てにより、「リハビリ難民」となった患者が
再び取り上げられるようになってきた。

高齢者医療が国の経済を圧迫しているというが、
長寿そのものを喜べないような風潮になっていないか・・・。

高齢者リハビリに関わるもののとして、
 高齢者の人権や 不当な扱いには 敏感でありたい。

 「この国をあきらめない」 ようしたい。
  外見だけを美しく着飾った国にはしたくない。

  小さな島でも 踏ん張りどこだ。

街頭署名

たくさんの方から、応援を頂きました。前日に地元新聞がとりあげてくれたおかげで、わざわざ遠くからバスにのって署名にきてくだされた方もいました。アイスの差し入れ感謝でした。女子中学生に励まされ、小学生にアイスをせがまれ、目つきの悪い方にすごまれましたが、ほとんどの方が好意的でした。今後は日ごろの地道な活動に邁進したいと思います。
 ブログも、沖縄という離島の話を 集めてみたいですね。コメントも期待しつつ、週に1度の更新を目指します~。

署名
(県庁前広場にて 頼りになる仲間と)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>