プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本におけるリハビリテーションを考える 

昨日、日本リハビリテーション病院・施設協会の研修会に参加してきました。皆様、第一線で活躍なされている方々で緊張しました。が、最近背伸びしようと心にきけた私、なにをちまよったか講師席の真後ろに席をとり、一生懸命研修してまいりました。そしたら、隣の席に。。なんと私の尊敬するT先生が座りますます緊張しました。でもなんか参加したな~って感じで、先生方のリハマインドを肌で感じることができました。少しまとまったら、研修報告を載せます。
スポンサーサイト

タグ : 出張報告

リハビリの打ち切り反対署名

http://craseed.net/(請願趣旨HPより引用)

下記、日本の医療制度についての署名活動です。ご協力いただけると幸いです。

2006年4月の診療報酬改定でリハビリテーションの保険医療制度が大きく変わりました。これまで必要に応じて保険診療できていたリハビリが、原則とし て発症から最大180日で打ち切られることになりました。これにより長期のリハビリを要する患者さんの多くが、保険診療の対象外となります。これまでの 保険医療制度改定の流れで、患者さんの負担額が増える流れはありました。しかし、今回はじめて、これまで保険診療できていた患者さんが保険医療から「切 り捨てられる」事態が起こっています。

重傷の脳卒中や骨折などの場合、発症後180日を超えてもリハビリテーションで機能回復をはかれる場合は決して少なくありません。また、獲得した機能的
自立度を維持するために慢性期のリハビリテーションは必要です。これらの患者さんはリハビリを打ち切られるとそれまでに獲得した身体機能の低下、さまざ
まな廃用症候群などがおこり得ます。医療費抑制の観点からさえ、「リハビリ打ち切り」の効果は疑問です。

明日は私たち自身や親族、友人が脳卒中や骨折になるかもしれません。この「リハビリ切り捨て」改訂は決して他人事ではありえません。自ら脳卒中後遺症の
リハビリに励む著名な免疫学者の多田富雄先生を中心として、この制度に反対する署名活動をはじめました。趣意をご理解の上、どうぞご協力ください(インターネット上で署名ができます)。

http://craseed.net/

テーマ : みんなに言いたい事 - ジャンル : ブログ

南の島から ☆第一声☆


離島にいても、東京にいても 
法律は一緒。 ひとくくりなんですよね。
リハビリって、もともと「人権の回復」とかに
原語が近いんですよね。だから、社会的に理不尽なことに
対してはリハビリに関わっている私は 
勇気を出して 声をあげなきゃね。。

それじゃあ
 離島だからって 言い訳せず。
 霞ヶ関に向かって 発言します!
第一声
 政府にお金がないのは わかります。
 でも、高度成長期の時代に、貯蓄せずに
 借金大国にしたのは、だれ?
 認知症増加の割合、要介護者増加の予測を甘く見積もって
 しまったのはだれ?

 高齢者医療 熱意をもって 取り組んできました。
 厚生労働省も、勿論 まじめにとりくんできたとは
 思います。ただ、高齢者はいつも赤字の元凶のような
 イメージをつくるのは やめて!

 安心して 年とれる社会
 老人でも「夢」をみれる社会
 こそ 安心して 子供を育てられると
 私は 思うから。


 高齢者を甘くみないで!
 いずれ 発言しだすから!
 TVだって 高齢者向け、
 携帯電話だって高齢者むけが
 できてきた。選挙だって
 高齢者が投票しやすいようにして欲しい!
 
 そしたら、政界再編
 シルバー政党ができて、。。。。。。。

 ん~。
 やっぱり 愚痴になってる。

 どうしたら、国と協力して
 高齢者のリハビリ
 できるんだろう。

 わかんない。




| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>