プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日

仕事と休息

意識しないと、
バランスを欠いてしまう私  

遠くから 娘を見守る
しばしの休日


itoman
2009.04
スポンサーサイト

木登り

いつから 登らなくなるのか
怖さを学習してからか
体が大きくなり、重たくなったときか

ガジュマルの木の 枝のもろさ
デイゴの木の 棘のいたみ

のぼる行為そのものが 
ただ楽しかった

そこから何が見えたのか
何が見えなくなったのか


noboru
                 2009年4月29日 平和記念公園



無題

ケアリーレイシェルが歌う
涙そうそう」 が
遠くハワイ島のフラのイベントで
歌われてる

フラダンスの美しいこと




母校

私は高校時代は、サッカーをしてたので
野球部とは、グランドを分け合って練習してました。
とにかく当時から野球部は野球が大好きな人が
集まってたなぁ

特に母校愛なんて意識したことなかったけど
彼らが甲子園に出た時には、胸が熱くなって
いつのまにか、アルプススタンドで応援してました。

のびのびとした草野球の延長のような 姿にドキドキしました。
特に最後のバッターになった 少しフコヤかな彼は
大好きだったなぁ 県内の試合では満塁でよくピンチヒッターとして
出場して「満塁弾」なんか打ってたんだと、、ほんと素晴らしい個性だぁ

なんかユーチューブでみつけてうれしくなった
このチームでまた いつか試合みせてくれないかなぁ



                                    2000年夏の甲子園




中也の詩

大好きな 中原中也の詩に
  
  誰だって お袋が死んだとき
   そんときゃ 立ち止まるだろ って 一節がある


  ふと  老いた母を思い出し
    生きてるうちに 会いたい と思う
    

実習指導

当たり前のデイケアの風景が
  学生の目を通して
   新しい発見が生まれる


  でも本当はいつも 起こっている あたりまえの風景
   学びが必要なのは 学生でなく
    心の声に 鈍感になっている 私たち職員の方


   足をとめて 耳をすませる
    それを 続けることを 困難にさせている
      それは なにか。。
    

 

今日のユリ


yuri3
散歩中の療養者やご家族もしばし 足をとめて 

一粒の種




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   私の兄も癌で 短い生涯を終えました
  「一粒の種」のエビソードが 兄のうたと重なるから 
  聞き入ってしまいます。

   『一粒の麦 地に落ちて死ななければ
       一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ』 聖書


      兄は病床で両親を気遣いながら
        教会学校でならった 賛美歌を歌いながら
          短い命を終えました その歌の名は一粒の麦

   
     こんなかんじの歌詞だった

       はたけの中の細い道 ぽとりと落ちた麦の種
         いたずらカラスがやってきて  ぱくりとたべて逃げました

        よくたがやした黒い土  ぽとりと落ちた麦の種
         めぐみと愛との陽をうけて 百倍麦がとれました


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          


          自分をみると惨めな気持ちになる
               小さなものにしがみついてるなぁ
                
 
     

    

おばぁ


おばぁ

    

講義依頼

ある老人施設から講義依頼をうけることにしました。
 なんの偶然か つづけてお話を聞きたいというところがありまして、、


 今年度は、「家族」をテーマに考えたいと思っていましたので
  講義もそのあたりを考察していければと考えて始めています。


 今日はその打ち合わせがありました。
  私は医療職なので、やはりその視点から考えます。

  たとえば、沖縄の老人ケアにかかわるひとの 施設伝説?なるもので
   「一日十五日は、年寄りが そわそわして 寝ない」
    「霊が見えるよ あの人は神だ~り~」
  「昨日の夜勤は大変だったさ、、やっぱり一日十五日だね。。」
   
  世の中には説明のつかない現象もまだあるのでしょうが、、
   医療や介護の現場では、まず原因を探り 解決できるものも
    あります。

  先の、霊の話は 意識障害や薬による副作用で 幻視という症状がでます。
    パーキンソンのお薬の副作用でで場合もあります。 それらを
  除外したうえで、説明できないものについて、「一日・・」節を唱えることで
   職員間のコミュニケーションを図ることは、アルと思います。
  
   なんて話から入ると 興味もってもらえるかな・・
     あぁ~  また 安請け合いしちゃったカモ・・・


   yuri2
                                 今日のユリ

    


   
   



 

手紙 親愛なる子供たちへ 

こんな曲をみつけました。



樋口了一

白百合

季節感が少ないといわれる沖縄の四季
 でも、足をとめると 季節を感じさせてくれる
  草花もあります。

 20年前ですが、職場では縁の下の力持ち的な存在の
  清掃担当のHさんが、病院のまわりにユリや季節のお花を
   植えました。

 それが毎年、彼女が定年退職した後も、私たちに季節を
  知らせてくれます。


 山の中にある病院の、季節を感じさせる小さな働き、
   私にとっては、入職当時いろいろと草花のことを教えてくれた
     Hさんを想いださせてくれる野に咲く白百合。

  sirayuri




2010年の大河ドラマ

 NHK大河ドラマ2010年は「竜馬伝」。主演は福山雅治さん

 いろいろな人の描く坂本竜馬の伝記を読んだことがありますが、
 映像でどう表現されるのでしょうか。とても楽しみです。

 今年3月に研修で長崎大学に行きました。
 その壁に走り書きで
 -人間好きな道によって、世界を切り開いていく-竜馬 と書かれていました。

 今も、志をいだく人たちに勇気を与えてくれる日本人
 どのように映像で表現されるのかなぁ



 大河ドラマを楽しみにする歳になってまいりました。

 

てぃだぁ

 あれは
  夜明けか
   夕日だったか

  katurahama
                  (H18.2.5 回復期リハ研修会・桂浜


   今日も歩くぞ!

国際通りトランジットマイル

私の小さいころ(30年前)は
歩行者天国ってよんでた
車両を通行止めにしての、
お祭りの縁日のような
国際通りトランジットマイル

ひさしぶりに
むすめと一緒の時間を過ごせました。
kokusi1

綿アメやポップコーンはありませんでしたが、
おしゃれなソフトクリームや
ヒップホップのような アレンジされたエイサー
大道芸人との 楽しいひととき
ミュージシャンの下品なジョークには
閉口したが・・・・


一人ではおそらく
もう こんなに 歩けないであろう距離を
ムスメに牽引されて 歩いた

kokusi2


一人よりも
ふたりだと
歩く距離も
軽いなって
確認できた
トランジット
奇跡の一マイル



FOR YOU

半端だと 
 痛い思いばかりだな

歩く

迷いがうまれると
歩くようにしている


静かな場所
賑やかなところ
新しい ふるい
良いところ 悪いところも
歩いてみると
自分のたつ位置が
見えてくるよううな気がする


少しさびしいけど
ひとりであるくのも
よい時がある


ふと 学生時代に暗記した
   中世の王の言葉を想う


mihama


エルサレムの王のことば

空の空
伝道者は言う
空の空 すべては空
日の下で、どんなに労苦しても
それが何の人の益になろう

ひとつの時代は去り、
次の時代がくる
しかし地はいつまでも変わらない

日は昇り、日は沈み
また上るところへ帰って行く

風は南に吹き、巡って北に吹く
巡り巡って風は吹く
しかし巡る道に風は帰る



すべての営みには時がある
生まれるのに時があり、死ぬのにも時がある
植えるのに時があり、
植えたものを引き抜くのに時がある
殺すのに時があり、いやすのに時がある
くずすのに時があり、建てるのに時がある
泣くのに時があり、ほほえむのに時がある
嘆くのに時があり、踊るのに時がある

捜すのに時があり、失うのに時がある
愛するのに時があり、憎むのに時がある
戦うのに時があり、和睦するのに時がある

働くものは労苦してなんの益をえよう






ふと


「空の空なり」って
  叫びたくなって
    歩いてみたが、、

   娘の顔みたら
     何か残したいという気持ちになった

    私に与えられた 小さなしごとに
      ひとつ ひとつ 
       誠実に向き合うようにしよう。

平和への祈りのうた

5.15

わすれてた
 歌がよみがえってきた

   私にできるのは、 こころをこめて 
     歌をうたうこと

  うたよ  
   私を わたし以上にしてください

   
    

    平和のいのりの唄を探してたらこんなうたにめぐりあった
      あぁ 心が痛い。。

  


アウンサンスーチーさんは死んでよく売れるTシャツの絵柄になるでしょう


                                     Jane Birkin

いろいろ考えてたら
また 寝れなくなっちゃって


北も南もない 
西も東もない
うたを 思い出した

貧しさが 争いを引き起こすのか
宗教や思想で争いを引き起こすのか
それとも争うものが人間なのか

生きるのは闘いなのか
平和だから生きているのか



また、一緒にうたおう
今年の5.15

くらい夜だって
清い水は流れている
イムジン河

ヒトヲコロシテハイケマセン

自分らしさ、あなたらしさ、
おとこらしさ、おんならしさ

ほめてるようにきこえても
「らしさ」とは おしつけられたもの
「あなたらしく-生きて」なんて かるがるしく言わないで


みんなが 「らしく」を はっきしたら
 らしくない人の 存在はどこで みとめられるの

 らしくが はびこり
  らしくないは  おいてけぼり


 「夢はごはんを腹いっぱいたべること」
  そういう子どもがいる世界があるってこと
    わすれたら、また 人の土地をうばって 
     そしてうばわれて

   
  
   ゼロからやりなおし
   FOR MEも
   FOR YOUでも




    ミサイル前夜のヒトリゴト
    ヒトヲコロシテハイケマセン
    母の教えを思い起こす夜







| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>