プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生にありがとう

スポンサーサイト

それぞれの方法

それぞれの 
方法

aunsan
Aung San Suu Kyi

ひとつになるもの

お互いを 思いやるこころ
ゆるす こころ

会議が終わって
空をみあげる


sora
2009.05.25


私のもっているもの

わたしの持っているもの


うけた分をほとんど忘れて

与えた分はおぼえている

うけた分を思い出すと-感謝

与えた分を数えると 

それを忘れたのかと 責めたくなる

責める相手が 私なら

私はここに 立ってはいられぬ

それでも 立っていられるのは

ただ 愛されているからだ

そんな私が 無慈悲に相手を責めるのは

自分のしたことを 忘れさろうとしているから

私のもっているものは 何もない

受けたものは 命

いのち




あたえられた
尊い小さな命



わすれるな











コーヒーの花

8年前に実習生から
いただいた
コーヒーの苗が
身の丈まで伸びて
小さな白い花が
咲き始めました。

台風に何度か
幹を折られもしましたが
強く太い幹になりました。
秋には、実がつきそうです。


山羊飼いは
感染症騒ぎが収まるまで
時間が必要なので

今は植物に手をかけます。
朝、療養者と散歩しながら
果物の通りや、ハーブの中を
歩けたらいいなぁ

ここでとれた豆の香りが
訓練室いっぱいに広がるのを
想像して、、ほくそえむ私


mane



昼間なのに、病院が霧につつまれました。
左側がOT室の窓、右手にはまだ ユリの花が咲いています。
足を悪くして 入院している方々も たちあがって
なんとなく窓をあけて 空気をいっぱい 吸い込みました

kiri

疲れた友に

 
  ふたたび立てる日がくるまで
    あなたの心に 平和がやどりますように
      




When I am down and, oh my soul, so weary;
  When troubles come and my heart burdened be;
  Then I am still and wait here in the silence,
  Until you come and sit awhile with me.

  You raise me up, so I can stand on mountains;
  You raise me up, to walk on stormy seas;
  I am strong, when I am on your shoulders;
  You raise me up... to more than I can be.









母の日

おこづかい ためて
 母の日のプレゼントを買う むすめ

hanahana

  



5.15

 1972年5月15日

今年も 沖縄が祖国に復帰した記念日が 近づいてくる  
   佐藤総理大臣屋良知事を映し出すTV
     万歳三唱の響きを覚えている

  小さかったあの頃 遠く昔のできごとのようでもあるが
    私たちの歩いてきた道は この国の歴史の一部
      それを消してしまおうとする力
        消されまいとする記憶



  当時 小学生だった私の目から見聞きした 日記の中で
  いつかひとつひとつのこと掘り下げて考えてみたい 
  キーワード?をその日のためにメモする作業を始めます
  テーマは「私の記憶(仮)」がいいかな

  私は1965年生まれ 那覇市小禄というところで育った
  沖縄線の激戦地のひとつ  日本海軍司令部壕跡地側

  小学校はその一角の山を削ってつくったために
  学校の運動場はあちこち穴だらけ  防空壕のあとだ
  私たちの当時の遊びは ガマ(壕)探検
  中学校のころに行った 赤嶺地区のガマが一番長かった。 
あちこちに骨らしきものが残っていた.


 銃弾や機銃弾なんかは 工事のあとでは たくさんみつけて
 なんか宝物のようにもっていた

 小学校のそばには 1,5Mくらいの不発弾がそのままあって
 登下校のたびに その上にのって 案山子のようにバランスをとって
 なんか肝試しのようなことしてた


 不発弾の記憶はたくさんあって、、中でも大きさの一番は
 小学校の裏道周囲のサトウキビ畑でみつかったのは
 円形で大きかった。日本軍の対戦車用の地雷だとだれかに
 聞かされた。土嚢が積まれるまではその大きさがよく
 みえた。。しかも処理されるまで時間がかかっていて
 登下校の小学生は石を投げて、これも肝試ししていた。。。
 私も届かないように、小さな石を投げたら カーンと高い音がして
 走ってみんなで逃げた。。



 学校では、兵隊と看護婦の幽霊がでるという噂がとても
 怖かった。
 小学校の校長は誰よりの早く登校して清掃していたが
 いつも線香をたいて 運動場に塩をもっていた。

 クラスには毎年10名くらい、自衛隊の親を持つ同級生がいて
 平和学習の時間はつらそうだった
  
   
 学校の先生からはガマで遊ぶのは 崩れると危険だから
 やめなさいとよく注意されていた


 「こじきの日」というのが小学生の間ではあって その日は
 どこまで歩いたか記憶にないが、、外国人の人から お菓子をたくさん
 もらえた。学校の朝礼で「こじきみたいだからやめなさい」と言われた
 あれは、



 ドルから円に変更になったとき、硬貨に穴があいているのがショックだった
 弟は「これは使えない」とすてていた。
 私はめずらしくて、使わずに5円玉を駒紐に通して集めていた。


 琉球の地図と日本の地図の区別がつかなかった


 近くの保育園で不発弾が爆発して、大勢が死傷した。
 屋根がふきとんでいた。。不発弾の怖さを知って恐ろしかった

 不謹慎なことに、「学校に爆弾をしかけた」というイタズラ電話が流行した
 そのたび学校は休校となった


 学校を休んで?日の丸をふって皇太子を歓迎にいった
 そのあと、火炎瓶をなげられ  おおきな騒ぎになっていたが
 よく意味がわからなった。。 


 公民館や広場で映画上映 赤影なんかがやっていた。。
       
 月に一度 映画券を2枚 学校の先生が配ばってくれたが
 いつもきまった人に渡してた。。


 1年生の時かな、アメリカから筆箱や、下敷き、鉛筆などの
 文房具の支給があった。 スマイリーの下敷きが人気だったような。


  大阪万博にでかけるのにパスポートをつくった

母子手帳に血液型A型とある。20年後、輸血する際にO型と判明。。
 
      


その他の強烈な印象にあるもの          

(友達の話)
  ・拳銃をひろって小学校の教室に持ち込み 友達が警察に連行されていった
  

心配

こどものころ
夜寝るときに何かが心配で
寝つけないということはなかった
親がその心配の根を引きうけて
くれていたからだ

大人になったいま
ときどき明日が心配に
なることもあるが
それは、親の役割
一つ一つの準備が
すすむたびに この子を
安心させて やれると
考えれば、小さな心配の
価値がみえてくる


musume






沢田研二 憲法9条への想いを歌う

今日5月3日は憲法記念日
偶然、ジュリーこと沢田研二さんの「我が窮状」という
第9条を守りたいという歌を知った。
私(たち)も20年も前に、憲法前文や9条にそのまま
メロディーをつけて 歌い歩いたことがある

あのジュリーが還暦になって、優しい声で歌っている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「60歳になったら、言いたいことをコソッと言うのもいいかな、と。いま憲法は、改憲の動きの前でまさに『窮状』にあるでしょう。言葉に出さないが9条を守りたいと願っている人たちに、私も同じ願いですよというサインを送りたい」

 平和への関心は昔から強い。ある時、バンド仲間と戦争の話になり、一人が喧嘩(けんか)にたとえて言った。「攻められたら、守るだろう」

 いや、一対一の喧嘩と、国と国の戦争は違う。そう思い至ったときに「少しプチッとはじけた」。戦争には、望まない人まで巻き込まれる。

 これまでも「9条を守ろう」という文化人らの意見広告やアピールに時々、目立たないように賛同してきた。大声で呼びかける柄じゃない、と笑う。歌はソフトに終わる。

 この窮状 救えるのは静かに通る言葉/我が窮状 守りきりたい 許し合い信じよう

(朝日新聞のインタビューに答えて)



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>