プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護市長選

普天間移設受け入れ反対を
あらためて、名護市民が表明した。

でも、これは住民投票という形で
すでに意見表明してあるもの

沖縄は小さな島
その中でも小さな街を
二分する議論

「基地に反対か」
「経済優先か」

いつもおかしな議論に
すりかわっていく、


それぞれの思い描く
沖縄の未来象


結果はでました
お返事ください





スポンサーサイト

あゆむ

体が動くうちは
歩きなさいということ



さぁ 歩くぞ!

生活支援という

明日は社協主催の研修会で
講義をピンチヒッターで担当する
ことになった


スライドは前回使用したものを
タイトルだけ変えて使う予定

求められている働きに
ゆっくりとむきあい
お伝えすることが
できますように

飾りたてたことばで
真実を包み隠すことが
ありませんように

ありのままの姿を
ありのまま受け止めて
くれますように



テーマ「認知症について」

ことば

先日みた映画のセリフ

「人はどこから来たのかのとよく聞くが」
「どこに向かっているのかが大切だ」



 だな

わがまち

必要で永続する痛みだとは思わない
思わされない

あきらめない


普天間移転

念頭のあいさつ

朝の朝礼でお話する内容を書き留めときます。

………1月5日・・・・・・・・・・

私は毎年念頭に その年に取り組む
仕事やプライベートの自分自身のテーマを考えます。
昨年は「向き合う」でした。自分自身の弱いところ、強すぎるところ
同じように部署の弱み、あるいは強みに向き合いました。
振り返ると、自分にとっては大きなことに向き合うことができました。
また、同じように解決には至っていませんが、部署にとっても
さけてとおってきたことに向き合う姿勢を持つことができました。
大切なのは、向きあう姿勢を持てたということでした。

さて、今年は「いつも喜んでいる」ということにしました。
これは聖書の言葉からの引用です。
私は日常でも仕事でも思い通りにいかないことが
あると、不平や不満を言ってしまいます。
あるいは周囲を批判してしまうこともあります。
現実的にはいつも喜べる状況とはありえない事かもしれません。
ではどうすればそれは達成できるのでしょうか? 

それはこれまで人にしてもらったこと忘れないことだと思います。
これまで困難にあった時に、周囲に助けてもらったことを忘れない。
「あぁ 誰も助けてくれない」と愚痴を言うよりも、
これまで助けてもらったことをおもい起こす。
一つも忘れないこと。そのことによって、たとえ困難な状況に
あったとしても不平不満で心が支配されず、素直に助けを求めたり、
感謝しつつ日々の務めに励むことができるように思います。
この一年、そして今日一日、喜んで仕事ができるように、
部下の一人ひとりの働きに、周囲の部署の働きに感謝しつつ
励みましょう。よろしくお願いします!

・……………

今年の目標 その1  1分で伝える

 ちょいと長すぎかな・・・。



テーマ考

変更のまた変更します!

いろんな人から
教わりました
今年のテーマは
いつも喜んでいることとします


かなり困難なテーマだけど、
実行できたら 素敵な人生おくれるよね


この一年のテーマ

謹賀新年!

今年の私のテーマを
考えていました。
これに決定!


この一年のテーマ
『時間を大切にする』

 相手の時間を大切にする
 家族との時間を大切にする
 学びの時間を大切にする
 両親との時間を大切にする
 祈りの時間を大切にする
 仕事の時間を大切にする です

 きっとそれは時間のことでなく
 私の関係する方々のことで
 それを大事にする ということだと
 思うんです。




 




| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>