プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレースタイル

今月の中旬から 健康ダイエットを目的に
カロリー控えめ弁当の2週間モニターとなった。

結果は2週間で4㎏減量、腹回り3㎝減でだいぶ体が
軽くなった。でもそんなことより得られたものがあった。 

私の小さな自慢はいかに早く食事を済ませるかだ
人が座ると同時に食事終了みたいなのが理想!? 
驚いた表情をしている職員の視線を背中に感じつつ 
「では仕事にもどりま~す」ってのが自分流~。
こんなんだから、いつも家での食事では、あなたは
人の気持ちがわからない ってよく怒られてた。

今回のモニターで、得たものは ゆっくりとした
食事スタイル、周囲との楽しい時間、食材や調理の仕方の
工夫への関心 などなど 数え上げたらきりがない

今日は、モニターの中間評価の日
担当の保健師の方に、やせたら
何かしたいことありますか?と聞かれて
「昔のように友達や同僚とサッカーがしたい」と
自分でも意外な言葉がポロッとコボレました。
「ポジションはどこだったの?」と重ねられ
「ディフェンスです、でも前に出すぎてなかなか戻れないんです」って答えた
「攻撃的なディフェンスなんですね」と言われて ドキッとした
その人を知るにはよく質問をしなさい と言われてきた。。
きょうは自分が答える側、、自分の答えに自分でなるほど と思った。。

昔から私は変わらないんだ
前を向いて 一直線 駆け引きなし 
そんなんが私のプレースタイル
昔からチームメイトに助けられてきたけど
時々はとんでもないピンチに私の脚力が
活躍したことも!!あったよね??

そろそろ、ベテランらしく
プレースタイルを変えないといかんのかな、、と
それともカズのように、ストイックに自分を
まだ追い込めるのかな 


仲間を信じ
とにかく前へ前へ
プレーの時間は残っている
ONE FOR ALL,ALL FOR ONE






スポンサーサイト

喜びとか悲しみとか

きょうはお二人の訃報にふれた
喜びにも悲しみにもそれぞれの
生き方があらわれている


だれもわるいわけでない
今はただご家族の上に慰めと
静かな時間が与えられますように


1.17の夜に

やさしい歌  ききながら寝ます

家族と一緒にいられること 
悲しい時も つらい時にも
愛しているひとが 側にいること
... それは けして あたりまえではないんだ

今年の目標について

2012年 今年の私のテーマは「笑う」こと、そして労働組合との協業です。

  私は作業療法士になる前に他の業界で労働組合の活動をしていました。主には、職場の労働条件や雇用を守ること、県内外で解雇にあった方々の支援活動、80年代の当時は国鉄からJRに移行した大きな行政改革の時期でした。改革という名目で行われた不当な解雇や再雇用後の職場内のいじめ等の実態改善について取組ました。当時は「当局」対「労働者」という対立構図で動いていたので、組合活動はわかりやすかったです。しかし行政改革で当時最強の組合だった国鉄労働組合が潰されたこともあり労働運動は路線変更し、労使協調路線になりました。そんな中さまざまな雇用形態が生まれ。非正社員,契約職員やパート職員がいろいろな職場に多くなりました。その状況が進行固定化していると感じます。いつまでたっても社員になれないのに、仕事内容は一緒の派遣社員とか、生活保護...よりも収入の少ない仕事が存在します。

 私は91年に今の医療の職場に入ったのですが、その環境、ヒエラルヒーに衝撃を受けました。また高齢者の劣悪な処遇とそれを支える介護労働者の労働条件の悪さと低賃金にも驚かされました。事故防止のために作業剥奪された状況や行動制限されている高齢者。介護ストレスからくる虐待などの事件は個々の問題として片づけられることが少なくなくその問題の根本を表現し解決方法を提案する事が必要だと考えています。グループホームで起こる虐待等の事件が時々ニュースになりますが目を一時も離せない方10名を1人で夜間見守っていて、しかもそれをパート労働者が担っている。そして同じように自宅では家族がそれを不休で抱えている現実がなんとかならないものかと考えています。
療養環境を良くしながらの事故防止、高齢者の処遇改善と介護職員や介護する家族のストレスマネジメント、介護とう作業のやりがいにもOTとして関われたらと考えています。今年は労働組合時代の仲間に再度つながり、彼らを通じて介護現場を社会に知ってもらうことから始めます。そのために見えにくいものを表現することが私の活動の役割と目標です。

 そうそう今年は沖縄の本土復帰40年の年、辺戸岬から那覇まで、基地のない静かな沖縄を返して欲しいと訴えながら復帰記念日の5月15日に合わせて歩く予定です。   ダイエットにもなりますので、一緒に1時間でもあるきませんか? 興味ある方はご一報を、平和行進団と合流できれば地域の公民館で宿泊と交流も楽しめますよ。与那国からスタートする案もあるようです。私は別行動で途中合流と考えてます。近くなったらまた案内します。

ながなが失礼しました。 
有言実行のために記憶メモさせて下さい。       続きを読む

出会い 

別に物忘れがひどくなってきたから というわけではないのですが、認知症やなんかの
病気になって意思が伝えられなくなったときのために自分用のケアプランを考えています 
落ち着かんときゃさ この子守唄聞かせてもらいながら寝かせてほしいなぁ  
もちろん リクエストは竹田の子守唄

...
さて  さて
明日は、新卒者の採用面接担当
はじめに施設見学案内のときに必ずいうひとこと

「就職は恋愛でなく結婚生活に近いのかと思う」
「いいところだけ見聞きしないで悪いとこも含めて
一緒につくっていくところ探してね」と 

またまた実際に面接になったらちょいと意地悪に
こんなこと聞くかな?

「でもさ結婚生活も長くなると、いろいろあるよ
もともとの育った環境の違いやなんかで思いが
ぶつかって 離れ離れになることだってあるさね
そんなときどうする?」

採用が決まった時にいう言葉
「私たちの働くところは場所でなく、存在そのもの
自分の強いことよりも自分の弱さをさらけだせる 
仲間をどこに行っても作ってくださね。それは
まわりまわって自分を支えてくれます。
弱さはつよさですよ」 と

なにはともあれ
明日の面接で何を聴こう


 「ほんとは全員いっしょに働けたらと思うんだけどね、、、」
 から 伝えてみよう そうそうテストではない お見合いだよ
 
ん~でもさ、、、自問 

 私が面接うける立場なら どう質問されたい?
 
 いろいろ考えてたら 眠たくなってきた
 おやすみなさい 


 子守唄だれか歌って~
 

ことばのおもみ

「悩んでる暇があったら 行動しなさい」と夜なのに
いつもあかるい比留間大先輩に 言われた言葉を
後輩に さも自分の言葉のように言ってみた。

まだ自分のことば行動が伴ってないから 
... とどかないなぁ がんばろう自分!

でも きょうはもう遅いので
明日また考えよう  おやすみなさ~い

2012年1月10日メモ

人と自分は違うのが前提ですね
生まれ育ちも違うひとが集うなら
それぞれの当たり前は違って当然
前に進め~!


違いを見つけ、

違いを認め

違いを楽しむ


ですわ








新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

カウントダウンは、4畳半の私の部屋で、家族3名で
ジャンプして年を越しました。下の部屋の人ゴメンナサイ。

... さて来年の私の目標は「笑う」としました。
昨年は、震災、津波、原発事故と続き
友人知人もたくさんの方が、今も傷つき
しかし、必死に復興にむけて力を合わせてと聞きます。

私の身近では、父が倒れ、母も老いてきました。
両親の介護を意識した生活設計を考えなければ
いけません。兄妹で支えていきたいと思います。

娘しおんは、今年中学生、今だ
サンタを信じ、妖怪ベロを愛し、
時々「最大多数の最大幸福は?」とか
難解な質問を私に問うてきます。
自律期(反抗期)が少し不安いえ
かなり心配です。こちらは強い母親?
と連携してまっすぐにやさしい子に
育てたいと思います。

私自身の課題はたくさんありますが、
中でも1番にしたいのは、周囲への
感謝の表現。協調、調和です。

そのために、私の1年のキーワードは
「笑う」とします。

昨年末に「仲田幸子物語」の映画をみました。
沖縄の戦後復興の力の一つになったのは、
民衆がつらい時に、心をなぐさめ、リラックス
させてくれた芸能、民間芝居がありました。
彼女の人生そのものが沖縄復興のプロセスの
潤滑油を意識したものだったと感想を持ちました。
戦争という、人が人を意識的に殺し合う という
作業を経験した人たちの心の癒し。
今同様のことが起こると、どのような方法で
家族や身近な地域に貢献できるのでしょうか、
共に泣くことでしょうか?
それとも、再度戦うことでしょうか?

私は、老人病院で働らいているためですが
沖縄のオジーの悲しいところあるいは
哀しい表情をたくさん見てきました。
同じように戦を生き抜いたにもかかわらず
オバーの笑顔、逞しさに 励まされること
も多く経験しました。なぜ男女はこうも
ちがうのかと考えましたが、ある仮説です。
男性は外に夢を見て生きる。夢を失うと失望に
変わる。女性は現実を守る力がある。
家族を大切にする。内を守る力がある。
私は、男ですが、身近の人を守りたい。
だからオバーから学びたいと思います。

もしそれで、私の愛する人が守れるの
ならば、ふたたび歩き出すことができるので
あれば 私は にもかかわらず笑います。


愛する人が幸せでありますように
笑い福い

             元旦の誓い  
sion2012.jpg
    

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>