プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうやめてくれ

辺野古への新しい基地建設をやめてください。
お願いします。島の人だけでなく、やまとの友人
一緒に声をあげてくれ
スポンサーサイト

ブイの日

昨夜の月の色、形、高さ
雲のかかり具合、塩のまじった空気の香り
石垣の上から二人でながめた あの風景

黄色いラインたどりながら見上げた
麻痺しちまったような島の痛みと悲しみ、

くそ、、記念日が増えちまったじゃないか、、

意見広告

意見を聞かせてください。
西普天間への#重粒子 治療施設建設について
わたし今すっごい違和感をもっています。

*事業計画の大雑把さ
  3年で単年黒字可能だって、、。
*医療を投資のようにつかう手法
*中国や韓国からの来県者を見込みにいれながら
  一方でその国を貶めるような発信を繰り返している
  知事の支援者の方々の発言
*TPPによる自由診療への切り崩し
*地元民の合意形成
*軍病院との協力関係構築による永続可能な
  システムへの組み込み
*ドクターヘリなど民間で活躍するものへの支援
  などの優先度
*治療適応とその対象者数の根拠
*先行事業との比較
 沖縄でのPETによる医療ツーリズムの結果検証
*知事と医師会との関係性、
*県医師会と自民党国会議員へのロビー活動
  医療は誰のものなのか
*批判しない県内マスコミ
*事業赤字の補てんについて
*誰が責任者なのかわからない事業であること

なんか似た構図の福島
医師連盟の相馬市長(医師)のコメント、意見広告が興味深い
「国民医療は経済振興の道具ではありません」
医師連盟 意見広告

さらされた心

石破さんに脅されて並んだ5名の国会議員とその後の動き
ほんとうに酷いなぁとおもう。沖縄県民との約束を翻した方々が
約束を守ろうとふんばる身内を保身のために処分。
いずれこの12名も中国の回し者とか工作員とかいわれのない
レッテルを張られるようになるんだろうなぁ。。

本当にそれでよいのか自民党員のみなさん

那覇市議12人を処分

これまでに経験のない×〇

特別警報が新型インフルエンザのときみたいになってきた。
これって、社会実験じゃないよね?

島は植民地ではないよ

知事候補の人選に政府の意向を伺う方々と指示する方。

この構図を沖縄保守の方々は良いとは思わないでしょう。
一緒にもう時代を前に進めようよ、
第二の琉球処分

謝罪って、、

「ご迷惑をお掛けし、申し訳なかった」
 よくきくどうにでもとれる謝罪の言葉。

①どこが間違っていたのか
②なぜそれをしてしまったのか
③今後どうやって再発をふせぐのか

についてちゃんとわかるように
大人として言葉にしてほしいなぁ。
本気の謝罪でないのなら 
それはさらに侮辱デス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000098-jij-pol

祈りのことば

昨日のETV特集で『ふるさと“水俣”に生きる
~次世代からのメッセージ~』
*平成26年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
を紹介させて下さい。式には「金目でしょ」発言の石原大臣も出席しました。
原発に関するメッセージは放送ではカットされていましたが、ぜひ内容を知って欲しいのでMLに投稿します。

放送された 患者・遺族代表「祈りの言葉」

番組HP
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0628.html

*カットされた部分

私たちが今立っているこの場所は、かつて魚湧く豊穣の海でした。25ppm以上という高濃度の有機水銀を含んだヘドロと、3000本のドラム缶に詰め込まれた水銀に汚染された魚たちが足元に眠っています。
ヘドロを封じ込めたしきりの鉄板の耐久性は、約50年と言われており既に半分の26年が経過しました。何かに似ていないでしょうか。事故を起こした福島第一原発でも、同じようなことが計画され、原発の廃炉工程は、これから数十年先まで続くと言われています。
福島でも、「己の尊厳と生活をその手に取り戻す」長い長い闘いを第二世代、第三世代、第四世代と世代を超えて続けることになるのでしょうか。これからも被害者は、被害者であるがゆえに人生をかけて「長い闘い」をしていかなければならないのでしょうか。

放送された患者・遺族代表「祈りの言葉」
http://youtu.be/BPvlbBuq7Vw
全文は下記URL(水俣病資料館HP)で見れます。
http://www.minamata195651.jp/requiem_2014.html#2

7月から沖縄では、米軍施設建設(辺野古・高江)が強行されます。
国は2007年に住民の反対運動に自衛隊艦船を派遣しました。
今回は、『妨害活動』は特措法で摘発すると警告しています。
もう患者代表の挨拶のように長い闘いを子供らに引き継ぐなんて
嫌だなぁと感じています。

リセット

2014年7月1日の自衛隊記念にあわせたのであろう
安倍さんは、この国の基本理念である
「日本国憲法」を解釈でかえてしまおうとしている。
一度壊したものはもとに戻るのだろうか
全文にあらわされるように、この憲法は
平和を希求している。一度この島は、
国は徹底的に打ちのめされた。
そこから生まれたの平和主義。

それをぼっと出の
ひとりの政治家の物語により
形だけのものにされようとしている

胸の中にこの日のできごとを
おぼえておこう。

父母の教えをすてたわけではない
子供たちの未来をみすてることも
できない。今の世代がこれからに
どう責任をおうのか

黙っていてはこの流れは変わらない

2014.7.1メモ 何かのメモリアルデー

あのさ、あと数時間で主権在民がおわるかもしれないんだ
みんなが 政治なんて うっとおしいからと、みないふりしている間に、

あるいは誠実にだとか、リンゴ植えてる間にさ
島をシャブづけにされてしまうよ

誰彼に感謝しますとは
とても素直には言えないよ。

もし神さまがいるのなら 
助けて!この瞬間を止めてくれ!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>