プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義依頼

ある老人施設から講義依頼をうけることにしました。
 なんの偶然か つづけてお話を聞きたいというところがありまして、、


 今年度は、「家族」をテーマに考えたいと思っていましたので
  講義もそのあたりを考察していければと考えて始めています。


 今日はその打ち合わせがありました。
  私は医療職なので、やはりその視点から考えます。

  たとえば、沖縄の老人ケアにかかわるひとの 施設伝説?なるもので
   「一日十五日は、年寄りが そわそわして 寝ない」
    「霊が見えるよ あの人は神だ~り~」
  「昨日の夜勤は大変だったさ、、やっぱり一日十五日だね。。」
   
  世の中には説明のつかない現象もまだあるのでしょうが、、
   医療や介護の現場では、まず原因を探り 解決できるものも
    あります。

  先の、霊の話は 意識障害や薬による副作用で 幻視という症状がでます。
    パーキンソンのお薬の副作用でで場合もあります。 それらを
  除外したうえで、説明できないものについて、「一日・・」節を唱えることで
   職員間のコミュニケーションを図ることは、アルと思います。
  
   なんて話から入ると 興味もってもらえるかな・・
     あぁ~  また 安請け合いしちゃったカモ・・・


   yuri2
                                 今日のユリ

    


   
   



 

<< おばぁ | ホーム | 手紙 親愛なる子供たちへ  >>


コメント

selene oikoさんへ

コメントありがとうございます。病院で働いているといくつか死に向き合う経験を少なからずするものですが、「あの世」の存在を考えることもよくあります。亡くなる前の患者は「次会うときまでね」と・・

素敵じゃないです~
私は医療と欠けはなれたところで霊の話をしていますが、結局は行き着くところ 人を癒す意味でおなじですよね。
あ、ごめんなさい、勝手に一緒にしてしまった…
もちろん、私など足元にもおよびませんが~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>