プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘士 (感想その1)

私のリハの師匠であるK先生を迎えて、御講演いただいた。
感想を続けて書いていきたい。

氏の父上は、水俣病原告団自主交渉派の闘士、K本輝夫氏である。
はじめに「水俣病は病(やまい)」ではありません」「企業による前代未聞の食中毒事件なんです」と話された。当時何が起こっているのか知っているにも関わらず、水銀を海に流し続けたのだから刑事事件であると・・・。

住民のほとんどが、加害側企業で働いている企業城下町である。その企業を訴えるというのは、言葉では言い尽くせない不安、葛藤、たたかいがあったように思う。。彼を突き動かしたものは「いいえぬ怒り」

人権擁護委員会も動かず(動けず)数々の嫌がられ、祖父の死
決意したように一軒、一軒 自転車にのって患者の掘り起こしに回ったようだ。偏見、差別、いわれの無い濡れ衣。心ない医師に「あんたそんなにお金が欲しいのかね」といわれたそうだ。

その後、輝夫氏は東京に上京、1年9ヶ月本社前に座り込みを始めた。


続く・・・。

<< やさしさって・・・。 | ホーム | 詩を紹介します(茨木のり子さん) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>