プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.11 抑制について考える

今日は職場の勉強会で高齢者を
紐やその他の道具で縛る行為
「抑制」について考える機会を得た。

講師は山城紀子さん
沖縄タイムスの記者で現在は
フリーライターとして精力的に
医療、福祉の現場取材されている方
10年ほど前に当院で取材をうけて
出会った方だ。

10年前の抑制を外す運動が活発
だった頃から現在に至るまで
抑制(行動制限)は形をかえて 
潜在化している と思う。
お話を聞きながらこの10年で
出会った いろんな人の顔、表情
その方々とのエピソードを
思いだしてて 涙がでてきた。
あんなに必死な思いして
抑制を外し、その方の希望に
寄り添う努力をしてきたのに
いつも 行ったり来たりだ、、

講師の印象に残った言葉は
「人を縛る行為で 縛られた人は
  自尊心を無くする 私は縛れてもしかたないんだ
   あきらめの気持ちになる」

-実は過去に私も人を縛った経験がある
 話を聞きながら20年前のあの出来事を思い出してた‐

 縛られた方の痛み 
  縛る側にも痛みはある

 私は縛る側の心の痛みを思い出してみたが
  でも その痛みは だんだんと薄れてくものだ

   縛る行為は 人としてのココロの働きを失わせてしまう
   
   ココロの痛みは生きているあかし


抑制を外すことが目的にでなくそれはスタート

yamasiro

講義が終わってから1時間も質疑応答は続いてた
どうかこの高揚が一時的なもので終わりませんように

抑制を考える
人を不幸にしない医療」山城紀子著

<< ニライの丘 | ホーム | 好きな歌 >>


コメント

うみぼーずさんへ

お久しぶりです!いろいろ外していくために
工夫して道具つくりましたよね。懐かしいです。
この問題は、いろんなもんが からみあって
複雑になってしまいますね。対立的な解決でなく
共通する視点をもてると、よいのですが、
話はかわりますが、デイケアのNさんとたかぴーが
結婚しましたよ!世界一幸せそうな感じです。

お久しぶり

yasuさん、こんにちは。お久しぶりです。

今、yasuさんから抑制が語られるのを、とても新鮮な思いで拝見しました。

「身体拘束ゼロ」と一言でいうけど、なかなか難しいですね。
今の施設でも課題ですが、先に解かなくちゃならないものに気付きました。
闇雲にぶつかるのではなく、「ケアをより良く!」で解決出来ないかなあ。

yasuさんと働いていた頃、勉強会で自作センサーのデモをやったのが懐かしいです。

きむみ庵さま

はじめまして、誰も好き好んで縛ってるのでは
ないですよね。なのになぜか外す方向に行きにくい
そうさせるものは何なのか 向き合ってみたいと
思います。コメントありがとうございます。
                 (yasu)

ふらっとたちよりました

こんにちわ
ふらっとたちよってみました^^
抑制の問題はスタートなんですよね。
みんな縛りたくないけど、どうしたらいいか・・・。
家族もふくめて向き合うことが大切ですものね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>