プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の目標について

2012年 今年の私のテーマは「笑う」こと、そして労働組合との協業です。

  私は作業療法士になる前に他の業界で労働組合の活動をしていました。主には、職場の労働条件や雇用を守ること、県内外で解雇にあった方々の支援活動、80年代の当時は国鉄からJRに移行した大きな行政改革の時期でした。改革という名目で行われた不当な解雇や再雇用後の職場内のいじめ等の実態改善について取組ました。当時は「当局」対「労働者」という対立構図で動いていたので、組合活動はわかりやすかったです。しかし行政改革で当時最強の組合だった国鉄労働組合が潰されたこともあり労働運動は路線変更し、労使協調路線になりました。そんな中さまざまな雇用形態が生まれ。非正社員,契約職員やパート職員がいろいろな職場に多くなりました。その状況が進行固定化していると感じます。いつまでたっても社員になれないのに、仕事内容は一緒の派遣社員とか、生活保護...よりも収入の少ない仕事が存在します。

 私は91年に今の医療の職場に入ったのですが、その環境、ヒエラルヒーに衝撃を受けました。また高齢者の劣悪な処遇とそれを支える介護労働者の労働条件の悪さと低賃金にも驚かされました。事故防止のために作業剥奪された状況や行動制限されている高齢者。介護ストレスからくる虐待などの事件は個々の問題として片づけられることが少なくなくその問題の根本を表現し解決方法を提案する事が必要だと考えています。グループホームで起こる虐待等の事件が時々ニュースになりますが目を一時も離せない方10名を1人で夜間見守っていて、しかもそれをパート労働者が担っている。そして同じように自宅では家族がそれを不休で抱えている現実がなんとかならないものかと考えています。
療養環境を良くしながらの事故防止、高齢者の処遇改善と介護職員や介護する家族のストレスマネジメント、介護とう作業のやりがいにもOTとして関われたらと考えています。今年は労働組合時代の仲間に再度つながり、彼らを通じて介護現場を社会に知ってもらうことから始めます。そのために見えにくいものを表現することが私の活動の役割と目標です。

 そうそう今年は沖縄の本土復帰40年の年、辺戸岬から那覇まで、基地のない静かな沖縄を返して欲しいと訴えながら復帰記念日の5月15日に合わせて歩く予定です。   ダイエットにもなりますので、一緒に1時間でもあるきませんか? 興味ある方はご一報を、平和行進団と合流できれば地域の公民館で宿泊と交流も楽しめますよ。与那国からスタートする案もあるようです。私は別行動で途中合流と考えてます。近くなったらまた案内します。

ながなが失礼しました。 
有言実行のために記憶メモさせて下さい。       続きを読む

<< 1.17の夜に | ホーム | 出会い  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>