プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望を読む

この時期は毎年のように、医療や介護保険の改定に
ふりまわされる。リハビリが右肩あがりだった10年前と違い
今は職能団体も連盟をつくり政治力がないとパイの奪い合いで
社会資源の一員であることを忘れてしまうことがあるように思える

もともとリハビリ医療は臓器別医療の隙間で置き去りにされてしまった
人間的なもの、人権やその人らしさの再構築とかいうものを取り戻す
といった理念であり哲学のようなものからスタートしたはず

収入にならずとも、その方に必要であればチャレンジしそれが
後追いのように診療報酬としてついてきた それがいつからか
バブルのようにひろがり、病院に1名いるかいないかの療法士も
島にだって100名規模のところもあらわれてきた 組織が大きくなると
それを維持するためのエネルギーが必要になりマネジメントが必要と
され、誰も受けてがいないのならと できる範囲のことは引き受けてはみた

管理社会がいやだった はんでぃムンの私が 管理者となり
自由に生きたいという人たちのサポートをする 自由な人たちを支える
というのが理想にふんばってきた でもなぁ  現実はさ厳しいこともある
どういう医療を受けたいのかは私たち専門職が決めるのでなく 
必要な医療・介護はうける側が選択するものだしそうなればよいと 思う 

文字と数字の白本の空白をよみ その先に希望をともすことは可能か
せめて 現場の邪魔だけはしまい  そうあってほしい毎年のように思う 

でもバブルははじける はじけると本物がみえてくるんだろうけど
ほんものがなかったら 患者や家族の希望はどうなるのか

いいわけしてる場合じゃない
空欄に希望を見出す作業が今の私の仕事

あと200ページを読み込む

<< 生まり島 | ホーム | 忘れるモノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>