プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

今でも尖閣や国境問題に火をつけた 
あのご老人のことは なかなかゆるせない
全国知事会での、全国応分の負担をとの
仲井眞知事の訴えも意識的にスルーさせていたのを
ワジワジーしたのを覚えている 

さて沖縄市は別として国境により近い石垣市に
住む方々の中国への不安(対象のはっきりしない恐怖)は理解できる
オスプレイや海兵隊の働きが尖閣とは関係ないと
どんなに理性的に話したとて感情的な問題は別だとも思う
だからやっぱりその不安へのケアは必要なのだろう
私なんかが考えたりケアできるような小さな問題ではないかも
しれないけど、「愛国無罪」と掲げる相手に対してちゃんと批判的な言論も
しなければならないだろうし、「理性愛国」を掲げた少数の中国市民との
結びつきもできたらよいなぁとも思う 

でも小市民の私にできることが ネトウヨの相手かぁ?
人生あんまし そういうのについやしたくないなぁ
で?ちゃーすがや  

今日は桜坂劇場で「北朝鮮強制収容所に生まれて」を
http://www.u-picc.com/umarete/
見てきた。強制収容所から脱出した方の証言の重さに
気が滅入って ぼっーとして映画を遠くから眺めている感じだった。
自由というのは平等に与えられているわけではないんだと あらためて思った
あと、もう鉄条網をみると気分が正直滅入る。

今は夢が必要だ 人は明るいところ希望のあるところに
安心や未来を見出す  暗い夜を照らすキャンドルが必要だ
それをテーブルの上にのせるのは大人の役割
さて 私に何かできるのか 


<< heiwa | ホーム | 平和を >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>