プロフィール

よんなーよんなー

yasu 

Author:yasu 
忘れてく記憶に抵抗する日々のオモイ

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

リンク

黄金言葉

バロメーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りのことば

昨日のETV特集で『ふるさと“水俣”に生きる
~次世代からのメッセージ~』
*平成26年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
を紹介させて下さい。式には「金目でしょ」発言の石原大臣も出席しました。
原発に関するメッセージは放送ではカットされていましたが、ぜひ内容を知って欲しいのでMLに投稿します。

放送された 患者・遺族代表「祈りの言葉」

番組HP
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0628.html

*カットされた部分

私たちが今立っているこの場所は、かつて魚湧く豊穣の海でした。25ppm以上という高濃度の有機水銀を含んだヘドロと、3000本のドラム缶に詰め込まれた水銀に汚染された魚たちが足元に眠っています。
ヘドロを封じ込めたしきりの鉄板の耐久性は、約50年と言われており既に半分の26年が経過しました。何かに似ていないでしょうか。事故を起こした福島第一原発でも、同じようなことが計画され、原発の廃炉工程は、これから数十年先まで続くと言われています。
福島でも、「己の尊厳と生活をその手に取り戻す」長い長い闘いを第二世代、第三世代、第四世代と世代を超えて続けることになるのでしょうか。これからも被害者は、被害者であるがゆえに人生をかけて「長い闘い」をしていかなければならないのでしょうか。

放送された患者・遺族代表「祈りの言葉」
http://youtu.be/BPvlbBuq7Vw
全文は下記URL(水俣病資料館HP)で見れます。
http://www.minamata195651.jp/requiem_2014.html#2

7月から沖縄では、米軍施設建設(辺野古・高江)が強行されます。
国は2007年に住民の反対運動に自衛隊艦船を派遣しました。
今回は、『妨害活動』は特措法で摘発すると警告しています。
もう患者代表の挨拶のように長い闘いを子供らに引き継ぐなんて
嫌だなぁと感じています。

<< 謝罪って、、 | ホーム | リセット >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ カウンター
不倫出会い系サイトホームページ制作無料 出会い
Today:

Yesterday:
ブログランキング・にほんブログ村へ リハビリ リング2 <前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>